尾行の料金はどのくらい?

一般に、探偵が尾行するのに幾らくらいかかるかと言うと、調査員が何人かによっても違いますが、相場としては、1時間で1万円から3万円が目安です。

言うまでもありませんが、調査員が1人であれば安く、多くなるほど高くなります。

また、尾行のために車とかバイクで行なう場合、交通費や車両費として別途請求されることがありますので要確認です。

理由もわからず自分で動き回るよりは、浮気調査は探偵に頼みましょう。

探偵に依頼する方が、浮気の証拠をちゃんとつかんでくれるものです。

自分が理由もわからず手当たり次第に調べても、配偶者が浮気をしているという事実はすぐに出てきます。

しかし、相手に問い詰めても浮気を認めようともしなかったら、有利な条件での離婚はできないでしょう。

そのためには、絶対確実な証拠が必要です。

夫の浮気相手のところに妻が談判に行って惨憺たる状態になるのは、小説やドラマでしばしば目にします。

夫の方が妻の浮気現場をつかまえた場合は、殺傷沙汰にまでなってしまうシナリオもよくありますね。

情事の現場へ乗り込むのも方法としてアリです。

別れるつもりがあるならば、試してもいいと思います。

自分で浮気調査はすべきではありません。

その理由はカッとなってしまう場合があります。

貴方自身が大丈夫だと信じていても、いざ自身の目で浮気現場をみてしまうと刃傷沙汰に発展してしまう場合が過去にも多いのです。

無事に解決するためにも、何よりも、証拠を入手するために、専門家である探偵に依頼するべきでしょう。

浮気調査をプロの探偵に依頼して証拠を掴向ことができても必ずしも「離婚した方がいい!」とは言い切れないのです。

ご夫婦に子供がいる場合ですと特に旦那、妻の浮気が発覚したからといって離婚などそう簡単にすることなどできません。

相手に請求することのできる養育費は案外少額になりますし、来月、来月、と先延ばしにされて支払われないこともありますから、女手一つで育てていく大変さは、並大抵ではありません。

男手一つで育てる場合にもまた同様で簡単にシゴトと両立することはできないでしょう。

日常生活の中で、相手の行動を気をつけてみておくことは他人に頼まなくても可能ですが、浮気を決定づけるような動かぬ証拠を押さえるためには、やはり、蛇の道は蛇、プロの探偵に依頼しておいた方が安全、安心です。

そして、探偵をお願いした場合は、単に、浮気に関する証拠集めだけにとどまらず。

豊富な経験に裏付けされたアドバイスをもらえる、という付加価値もあります。

浮気をしている事がSNSを通じて明るみになることもあります。

一般的に、SNSは本名を公開しない特長がありますのでついうっかりパートナーが、個人が特定される事はないと安心して私生活を公表している事がしばしば見られます。

時には、言い逃れのできない様な浮気の事実をネットに書き綴っている人もいるのです。

アカウントを認識しているのなら調査してみてちょーだい。

成功報酬の場合、気を付けるべきなのは、仮に、浮気調査について依頼した場合には、調査期間が3日間しかなかったとしたらその3日間だけ浮気をしていなければその調査に関しては成功ということになります。

実際に浮気があったとしても、その3日間だけ浮気が見つからなければ、浮気かどうかの証拠をつか向ことなく、浮気調査は終了してしまい、成功報酬として料金を支払うのです。

興信所と探偵事務所の違いとしては、格別ちがうところが無いと言っても言い切れます。

ともに、浮気調査から身辺調査、他にもストーカー対策、行方不明者の捜索のような似たようなシゴトをしています。

ただし、どちらかを選ぶとしたら依頼は、企業(ブラックだったりすると、辞める頃には心も体もボロボロに・・・)や団体は興信所に、探偵は個人向けのようです。

 探偵が用いている追跡グッズとは 自分でも買えるものかと言いますと、買うことは可能です。

追跡グッズは、一般にはGSP端末を用いるというケースが大半ですが、これは誰でもネットなどで購入できます。

車に載せているのをよく見るGPS端末は、普通は、車が盗まれたときのために備えておくものですから、誰でも買えるのは当然です。

なんとアルバイトの探偵がいる例があってしまうのです。

探偵のアルバイト情報を調べれば、求人情報が表示されます。

という理由で、探偵事務所がバイトとして採用することも多くの例があるということです。

浮気について調べるように言うときには、個人的な情報を伝えなければ不可能です。

バイトだと簡単に辞職することも考えられますし、知ってしまった事柄を他の人に話す可能性だってあります。

尾行代金が時間によって設定されている場合、探偵の尾行時間が短い方が、費用が少なくなります。

ですので、尾行を探偵にお願いするなら、パートナーの日常の行動を理解しようと観察することが大事です。

その結果から、怪しいと思われる時間帯や曜日に絞って尾行をして欲しいと依頼をしたら、探偵のほうも手間が省け、双方にとって利益があります。

もし、密会の曜日や時間がわかっているのでしたら、調べる時間が少なくて済むので、調査にかかるお金は少なくなります。

ですが、いつ浮気をしているか掌握していても、見知っている人にお願いして写真を撮ってくれることになっても、ほとんど駄目でしょう。

勘づかれないように写真を撮りたいときはやはり探偵にお願いするのが最も確かな方法でしょう。

例えば携帯電話の通話履歴からも浮気の証拠がつか向ことが可能です。

なぜなら、ケータイを浮気相手との連絡手段に使われるのが当然だからです。

最近はメール、LINEで連絡をことも増えていますが、やはり好きな人の声をききたくなるのは当たり前です。

ですから、空き時間に電話することはもちろん考えられます。

あなたが浮気の調査をしなくてはならない時がきたら、調査員を何人でみておけば良いのかというと、どのような調査が行われるかにもよりますが、調査に行くのは2人程度だそうです。

しかし、まだ浮気なのかはっきりしていないケースでは、浮気が確実かどうか、調査員が1人ですることが多くなります。

浮気をしている証拠をつかんだら、もう一度話し合いをして調査員を増やすのか、減らすのか、どのように調査するのかを具体的に決めます。

探偵に頼んで浮気の証拠が掴めます。

相手の様子が浮気を想わせた場合、最初は自分でなんとかしようとすると思います。

けれども、浮気の証拠を自分だけで収拾しようと思っても、相手に感づかれてしまう事もなきにしもあらずです。

その原因はズバリ、顔がばれてしまっているからです。

探偵の場合には、誰かに不審に思われないよう警戒を怠ることなく地味にコツコツと調査していきますが、身辺調査・企業(ブラックだったりすると、辞める頃には心も体もボロボロに・・・)調査などを多く依頼される興信所の方は、先に自分の所属を明かして公然と調査を行なうことが多いです。

目的の人物の動きを掌握するのは探偵の方が上手に、興信所はというと、対象に関する情報の収拾に適していると見てよ指そうです。

探偵による浮気調査の結果、どう考えても覆しようのない裏付けが取れれば、配偶者とその不倫相手に慰謝料の請求も可能です。

心から信用のできない人間と死ぬまで一緒にいるとなるとおもったよりの精神的な負担になりますから、慰謝料をもらって離婚することもありかも知れません。

それに、配偶者の浮気相手に慰謝料を請求するとミスなく別れ指せられるはずです。

法律の上で、結婚した人が配偶者ではない人と男女の関係にいたることを浮気といいます。

すなわち、法律の上では、肉体関係を持っていない場合には、ご飯や遊びに行ったとしても、不倫じゃないということです。

男女の既成事実をつかむのは個人では難しいですが、探偵や興信所に調査を依頼してみることができます。

成功報酬制度を持った探偵事務所に浮気の調査を頼めば得になるかと言えばそうとも言えないケースもままあります。

成功報酬と言えば、一般的には結果として不成功となった場合、料金支払いが不要となるので依頼者は損をしなくて済むように感じます。

したがって、ことさらに成功報酬制度をうたっている探偵事務所に限って、利用したいと思っている人もいるのです。

子供に内緒 結婚調査

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です